Cuddle(カドル)ロゴ
menu_icon
既婚者向け総合メディア Cuddle Place (カドル プレイス)とは

オープンマリッジとは?新しい夫婦関係のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31

新しい夫婦の在り方の一つで、オープンマリッジというものがあります。
聞いたことはあるけど、意味が分からない?!という方も多いかと思います。
オープンマリッジとはどんな夫婦関係なのか、メリットやデメリットなど色々な方面から詳しく徹底解説していきます。
夫婦のこれからの結婚生活を見直したいと考えている方、オープンマリッジに興味のある方は是非参考にしてみて下さいね。

既婚者専用マッチングアプリ
Cuddle(カドル)ロゴ
使ってみる

オープンマリッジとはどんな関係!?

時代の変化により、結婚観や夫婦の在り方は多種多様になり、今では個人やカップルによっても考え方は様々です。
その中で、じわじわと注目されている夫婦関係がオープンマリッジです。
オープンマリッジは、結婚相手以外の異性と性交渉することを、お互いが理解し合い受け入れる夫婦のかたちのことです。
浮気・不倫とは違い、お互いが認めている関係ということです。
また、所有欲や独占欲、嫉妬心に駆られることなく、自由に性交渉するのを認めるのです。

オープンマリッジは、1970年代に、アメリカの社会学者の夫婦(ネナ・オニール、ジョージ・オニール)が提唱した婚姻関係で、実際書籍も出版されています。
それと同時に、アメリカ文化に大きな影響を与えました。
映画や本などでも少しずつ知る機会も増えてきているのではないでしょうか。

日本でオープンマリッジをしている夫婦は少ない

海外では、オープンマリッジが浸透し始めている地域もあります。
日本では、言葉自体知らないという人が大多数でしょう。不倫に対しての見方が社会的に厳しく、辛辣なバッシングを受ける日本では受け入れがたい考え方かもしれませんね。
現に、政治家や有名人などはメディアで報道されると、社会的キャリアまで左右されるほど、風当りが強い国です。
夫婦間で納得していても、周囲に驚かれたりすることが多いのです。しかし、このような状況下でもオープンマリッジによってより良い関係を維持している夫婦もいるのです。

オープンマリッジは法的には正式な夫婦

オープンマリッジは、法的には何ら問題ありません。
両者は他に性交渉をしいるパートナーがいることをお互い認め合っているので、不倫問題は起こらないのです。

オープンマリッジのメリット

まだまだ認知度の低いオープンマリッジですが、色々なメリットもあります。

セックスに対するストレスの軽減

セックスに対する問題を抱えている夫婦は多くいます。
セックスの嗜好が違う、セックスの相性が悪い、何年もセックスレスである、など非常に大きな問題です。セックスの問題が発展して離婚する場合もあります。
配偶者で満足できないのであれば、他の異性とセックスを楽しむことでこれらの悩みを解消することができます。
配偶者とは、セックス以外の面では全く問題ないという夫婦なら、まさにオープンマリッジは最適と言えます。
セックスに対する問題を相手にぶつけることもなくなるので、良好な夫婦生活を送ることができますね。

必要以上に束縛されなくなる

夫婦になると、一般的には一生共に生活をしていかなくてはなりません。
中には、配偶者が他の異性に目移りしないか、浮気しないかなどと心配したり、束縛してしまう人もいます。しかし、オープンマリッジをしている夫婦はお互い相手に集中する必要がなくなります。そのため、自由にいろいろな人と男女の関係を楽しめるのです。
関係をオープンにすることで、罪悪感がなくのびのびと生活できます。一人に縛られることなく、恋愛を楽しめますね

男(女)をいつまでも意識できる

夫婦になると、男女の関係が「家族」へと変わっていきます。
子供ができると、「パパ・ママ」の呼び方になり、次第に異性とは程遠い存在になっていきます。
出会った頃は、お互い身なりに気を付けてお洒落したり、相手にプレゼントを贈ったりと頑張っていたのに、いつの間にかそんな気持ちもなくなってしまっている夫婦も多いのではないでしょうか。
家族になると安心感はありますが、男女としてのドキドキ感はなくなってしまうものです。
もっと、男(女)として見られたい、色々な異性と出会いたい、刺激が欲しい、自分を磨き魅力的になりたいという人なら、オープンマリッジは夫婦にとって、メリットになると言えます。

オープンマリッジのデメリット

相手を本気で好きになる場合がある

配偶者には、自分以外の異性とのセックスを許している状態です。
正式な夫婦なので、お互いがナンバーワンな存在であることに間違いないのですが、相手が他の人を本気で好きになってしまうという危険性はあります。
軽い気持ちで始めた関係ですが、だんだんと会う機会が増え、その人のことが気になる存在になった、その人とずっと一緒に過ごしたいという感情が芽生え、本来の夫婦関係が破綻してしまうこともあります

周囲の目が気になる

配偶者が、他の人とデートしたり、ホテルに行ったりしてもオープンマリッジなら夫婦間で認め合っているので問題ないのですが、やはり周囲の人の目は気になるものです。
別の相手と会う時は、なるべく人に見られないような場所を選びましょう。
また、周囲の否定的な意見を、必要以上に気にしないようにしましょう。

悩みを相談できる相手がいない

オープンマリッジの関係は、他人には理解しがたい関係になります。
職場の人や友人など、悩みを話すことができない状態になる可能性もあります。

オープンマリッジ向きの夫婦は

最近、夫婦関係に不満がある人、また結婚後も恋愛を楽しみたいと考えている人は、もしかしたらオープンマリッジ向きの人なのかもしれません。
二人の現在の関係、性格、今後のことを考えて、オープンマリッジするのかどうかを吟味してはどうでしょうか。

どんな状況でも感情をコントロールできる

嫉妬したり、感情的になっては、オープンマリッジの関係は継続できません。
相手の異性関係に我慢ができないという夫婦にはおすすめできません。
お互い深く干渉しないことや、ちゃんと受け入れる体制のできる夫婦オープンマリッジ向きであると言えます。

約束を守れる

・お互い本気にならない
・避妊をする
・ちゃんとした相手を選ぶ
・セックスの回数に制限を設ける
・お互いのセックスの話はしない(逆にオープンに話す)
・相手との比較をしない
このように、夫婦に温度差がないか確認するとよいでしょう。
また、夫婦間で事前にルールを決めて守り続けられる資質も求められます。
気持ちよくオープンマリッジの関係を築くためにも大切なことですね。

お互いやりたいことがある

仕事や趣味など、自分一人でやりたいことがある夫婦なら、離れた時間でも相手を束縛することなく、気持ちを理解できそうです。
他の異性と一緒にいる配偶者に、連絡したり束縛したりしないでしょう。

実際にオープンマリッジをしている人の声

・夫に愛情はある、子供のことはとても大事だし仲の良い親を見せたい、だからと言って大人しく生きるつもりはない
・結婚してずっと仲良く暮らしている夫婦は、本当にすごいこと。
・一般的な夫婦とは違うけど、お互いが居心地良ければいい
・夫を支える妻ではなく、お互いを認め合うということで対等な関係になれた。
・お互い浮気されたというストレスがなくなり、モテる夫婦の方がかっこいいという価値観が芽生えた。

終わりに

夫婦には色々な事情があり、色々なかたちがあります。
オープンマリッジは、自由であるからこそ、お互いへの配慮を忘れないことが必要なようです。
浮気・不倫を疑って過ごす毎日に疲れる夫婦、関係が悪化して別れる夫婦、そこから脱却するためにオープンマリッジは生まれたのかもしれませんね。
オープンマリッジを始めて、心が満たされたり、男(女)として魅力的になり、さらに夫婦の関係が良くなったという人もいるでしょう。
楽しくオープンマリッジができるのは、配偶者の存在があり生活が安定しているからこそです。
まだマイノリティな関係性かもしれませんが、夫婦の在り方は、夫婦である二人にしか決められません。
お互いを尊重し思いやりを持って納得した上で、オープンマリッジを選択肢として考えても良いのかもしれません。

他のコラムを読む

Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

婚外恋愛とは?不倫と違う新しい価値観のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

卒婚とは?離婚とどこが違うのかメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

2023年 既婚者マッチングアプリおすすめ3選

2022.05.31

既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)
既婚者専用マッチングアプリCuddle(カドル)とは
マッチングアプリ「Cuddle(カドル)」は、結婚後も異性の友達・セカンドパートナーを簡単に探せる既婚者専用サービスです。
AIが自動でオススメのお相手を提案してくれます。
いますぐ使ってみる
arrow-left
コラムに戻る