Cuddle(カドル)ロゴ
menu_icon
既婚者向け総合メディア Cuddle Place (カドル プレイス)とは

婚外恋愛とは?不倫と違う新しい価値観のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31

あなたは婚外恋愛をしていますか?
2002年に日本のテレビドラマ『婚外恋愛』が流行ってからというもの、近年では現実に婚外恋愛として配偶者以外の恋人を持つ人も増えているようですね。
婚外恋愛は、いわゆる不倫とどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは婚外恋愛とはどういったもので、既婚者がなぜ婚外恋愛をするのか、さらに婚外恋愛のメリットやデメリット、持続させるためのルールなどについて徹底解説していきます。
現在婚外恋愛をしている方、今後しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

既婚者専用マッチングアプリ
Cuddle(カドル)ロゴ
使ってみる

婚外恋愛は不倫と違うのか

婚外恋愛は、家庭のある既婚者が外で恋愛をすることです。
一方不倫は、既婚者が配偶者以外の相手と肉体関係を持つことです。
この意味では、婚外恋愛不倫は違うと言えます。

不倫と言わずに、わざわざ婚外恋愛と言い換えているのは、「婚外恋愛」という言葉の認知度が高くなったことや、綺麗な言葉にして既婚者の言い訳を作っているようにも感じますね。
婚外恋愛をしている既婚者の人は純粋な恋愛をしているという認識なのです。

婚外恋愛をする理由

配偶者にないものを他に求める

配偶者とずっと一緒にいると空気のような存在になり、また刺激もなくなります。
生活していれば気に入らないことも出てくるでしょう。
そこで足りないものや刺激を求めて他の人と恋愛するのです。

お互い好きで結婚したものの、結婚後に違和感を覚えることもあるかもしれません。
一般的な夫婦なら、不満をぶつけて喧嘩したり、その違和感を話し合って修正したり、それができなければ別れるしかないといった決断をするでしょう。

婚外恋愛の場合、その足りない部分を外で発散しようという考えなのかもしれませんね。
また、配偶者に大きな不満を持っているわけではなく、日常生活には満足している人も婚外恋愛をしていたりします。
家族は家族で大切にし、恋愛は割り切っているという考え方なのです。

配偶者と違った扱いをしてもらえる

配偶者や子供と暮らしていると、やはり家族・仲間というような関係となり、お互いに異性として意識しなくなります。
しかし人間は、いくつになっても男(女)として扱われたいという気持ちを持っているものです。
婚外恋愛の相手からはそういった扱いをしてもらえるので、居心地が良いのです。
それが良いか悪いかは別として、その場はやはり配偶者といるよりも楽しい時間を過ごせます。

結婚生活と違って気楽である

結婚生活は、決して楽とは言えません。
家事や育児、家族の健康管理、貯蓄の管理、親族付き合いなどたくさんのストレス要因があります。
婚外恋愛では、生活感はなく、お互いの良いところしか見えません
悪いところが見えたとしても、嫌になったら別れたらよいのですから気楽です。

子育てが楽になったから

子育てが少し楽になってくる中年の人たちが、婚外恋愛をするというケースも珍しくなくなってきました。
手がかからなくなって時間的に余裕ができたり、仕事に復帰してそこで異性と出会う機会が増えたりすると、自然な形で恋愛に発展する可能性もあるようです。

手軽に恋愛できる時代になった

最近では、SNSやマッチングアプリを使って気軽に出会い仲良くなったりします。
また、このようなサービスを使うことに抵抗がない人も増えてきました。
時代の変化により、婚外恋愛をしやすい環境になってきているのも要因であると言えそうですね。

男(女)として見て欲しい

婚外恋愛をしているほとんどの既婚者は、離婚はしたくないと考えています。
家族は大事だし壊したくないので、そこの部分は維持しながら他で独身の頃のような恋愛を楽しもうという考えです。

自分は、まだ男(女)として魅力があるのか、自分を見て欲しいというのが婚外恋愛をする人たちの本心でもあるのです。
婚外恋愛の相手を通じて、自分の価値を確認したい気持ちがあるのでしょう。

孤独を感じる

家族がいても、心が満たされずに孤独を感じる人もいます。
仕事が忙しく育児も大変であれば、セックスレスになったり会話が減ってくる夫婦も少なくありません。
この寂しさを癒してくれる相手を求めているのです。

婚外恋愛のメリット

  • 生活が充実してくる、ハリがある。
  • 結婚生活では感じられない刺激や高揚感がある。
  • 異性との非日常を体験できる。
  • 心の隙間を埋められる。
  • 自分の存在意義を感じられる。
  • 精神的な支えになる。

デメリット

  • 独身の頃のように、会いたい時にすぐ会えない。
  • 相手との将来はない。
  • のめり込み過ぎて、子供を不安定な気持ちにさせる。
  • 家族を傷つける可能性がある。

普段はメリットだけを考えながら付き合っていても、心の奥底ではデメリットの部分も考えないわけではないと思います。
色んな思いを抱えながらも、婚外恋愛をする既婚者は増えているのです。
また、そんな恋愛をしている自分が小説の主人公のようでもあり、二面性を持って楽しんでいるとも思えます。

婚外恋愛のルール

お互いの家庭事情を尊重する

お互い家庭のある身ですから、家庭優先で、こちらからは干渉しない深入りしないことが前提です。また、相手の状況も理解してあげることが大切です。

適度な距離感

独身の頃とは違って、いつもデートをしたり連絡できるわけではありません。
家族と過ごす時間帯は、配偶者に怪しまれないように、連絡を極力控えた方が賢明です。
デートもできるだけ人目を避けたいところではありますね。

自分勝手な行動をしない

相手の状況も考えて、突発的な行動をしないのは大切です。
職場や家の近くまで、突然会いに行ったりして迷惑をかけないように心がけましょう。

束縛や嫉妬心を抑える

一番抑えなければならない感情としては、嫉妬心です。
相手の配偶者はどんな人?他の異性と浮気している?!婚外恋愛とは言いながらも気になるところではありますね。
しかし、当然束縛できる立場ではないし、家族最優先ですので覚悟しなければならない感情です。

避妊すること

もし、妊娠してしまったら、配偶者と婚外恋愛相手のどちらの子供なのかという大変な事態にもなりかねません。
わからず生んでしまい、子供の人生を壊してしまうという事も考えられます。
婚外恋愛をする人は、避妊が大前提ですね。

相手に依存しない、期待しない

恋愛に溺れない、相手に依存しないという強い気持ちを持たなければ、苦しくなり、自分の家庭も満足に守れなくなるでしょう。
また、配偶者とは違うので色々なことを期待しないようにしましょう。
誕生日や記念日などで過度に期待せず、普通の恋愛とは違うということも理解しておきましょう。
誰も傷つけることがないよう、それなりの覚悟を持ちたいものです。

惰性で付き合わない

恋愛全般に言えることですが、付き合いが長くなるとドキドキ感や刺激は失われていくものです。
相手への興味がなくなり、連絡しなくても平気でいられるようになったりすると、そこに愛情はないのでしょう。
将来のない二人なのですから、惰性で付き合うようになってきたら相手を傷つけることのないように綺麗にお別れするべきでしょう。

婚外恋愛を始める

婚外恋愛を始めるにあたって、まず出会わなければ始まりません。
身近なところで職場での出会いがあります。仕事に関わるうちに、人となりもわかり信頼関係も生まれ、親しくなって恋愛へ発展する場合があります。忘年会や飲み会で、仲良くなる人もいるでしょう。

よくあるきっかけとして、同窓会での出会いもあります。再会によって話が盛り上がり、お互い意気投合して連絡先を交換し、その後も会うようになったということもあるでしょう。昔からの知り合いで、信用もあるので、わりと早い段階で恋愛に発展してしまいます。

最近では、既婚者合コンで出会いを探す人も増えています。お互い既婚者であることが前提なので、目的は一緒だと言えます。好みの相手がいれば、合理的に婚外恋愛ができるでしょう。

おすすめは「既婚者マッチングアプリ」です。
携帯でいつでも気軽に探すことが可能なので、婚外恋愛を楽しむ人が増えてきているのでしょう。職場での出会いはあり得ない、同窓会もない、既婚者合コンに行くタイプではないという方もたくさんいます。出会いを求めている人にとって、有り難いサービスではないでしょうか。

婚外恋愛を楽しむ

どれくらいの頻度で会うか

婚外恋愛をしている人は、家庭があるのでいつも会えるわけではありません。人それぞれですが、月に1~2回程度がベストだと思われます。
色々な制約が多いなか、少ししか会いないのは切なくなるのかもしれませんが、お互いの家庭を大切にすることが前提なので、少し抑え気味で会うことが良いかもしれませんね。

家族とは過ごすことのないような時間を共有する

婚外恋愛のデートは、人目を避けた方が良さそうです。お互いの家や職場から離れた遠い場所、知人の居ない場所、あえて人混みに紛れてデートするのもありかもしれません。
一番多いのは、やはりホテルになるでしょう。人目を気にすることなく、二人だけの世界になりますし、落ち着いて過ごすことのできる唯一の空間ではないでしょうか。

また、家族で行くことのないような場所を訪れるのもいいでしょう。恋愛する二人が行くデートスポットを検索してみたり、素敵なレストランでゆっくり食事するのもおすすめです。
二人にしか過ごせない時間を過ごすことで、関係性が深まります

婚外恋愛の別れ

婚外恋愛にも、いつか終わりがくるかもしれません。
優先順位は家族が一番というのが基本です。口では、あなたが一番と言ってその場だけ安心させてくれるかもしれませんが…。
配偶者とは喧嘩ばかりで関係が良くないと言うかもしれません。しかし、離婚する気はないのが本当のところです。

束縛や嫉妬心を抑えて、割り切った関係を持続できるのであれば問題ないと思います。
しかし、自分の感情をずっとコントロールできるかわかりません。どちらか感情のバランスが取れなくなった時には、この関係が終わってしまうでしょう。お互いの気持ちに温度差がないか確認し合うのも大切です。

また、どちらかの家族や知人にバレてしまうという可能性もあります。いつどこで誰に見られるかわかりません。
そういう事態にならないためにも、秘密が漏れないように気を付けなければなりませんね。

家族を持った既婚者なので、いつどこで家族に変化が起こるかわからないのも事実です。親の介護や子供の教育問題などで家庭状況が変わっていくことがあります。
仕事が忙しくなったりして会う頻度が減り、気持ちが離れていくこともあるでしょう。
お互い良識ある既婚者ですから、暗黙の了解で自然消滅というケースも多くあります。

金銭的な問題もよくあるようです。相手の経済状況はわかりにくいし、多少は気を使ったりします。
男性がデート代をあまり出さないとか、女性に払わせることが多いとか、違和感を覚えるようになって急に気持ちが冷めてきたりします。
せっかくの楽しい婚外恋愛が、現実味を帯びてくると、距離を置こうという気持ちになってくるでしょう。
やはり、金銭トラブルは避けたいので、ある程度の金銭的余裕があることが前提だと言えますね。

男女の心理的な違い

婚外恋愛をする男性心理

  • 男性として意識されたい
  • 愛してくれる女性と一緒に過ごしたい
  • 経済的に余裕ができてきたので、素敵な女性と恋愛したい
  • 平凡な日常に刺激が欲しい

婚外恋愛をする女性心理

  • 母親ではなく、女性として見られたい
  • 家庭とは違う非日常を味わいたい
  • 若いころのようにチヤホヤされたい
  • 恋をすることで自分を綺麗に保ちたい
  • 心理的な安定を求める

一般的に、女性は男性よりも精神的に満たされたいと考えているようです。
いくつになっても、恋をしたい、女性として優しく扱ってくれる異性が側にいるということは、婚外恋愛をする女性にとって幸せな事なのです。

終わりに

婚外恋愛をする既婚者は、自分の家庭を大切にしながら、家庭以外の場所で心の繋がりがある恋愛を楽しんでいます。
二人でしか過ごせない場所で、家庭や仕事のことを忘れ、至福の時間を過ごしていくことで、関係性を深めていくのです。

婚外恋愛は、とても素敵な恋愛であることに間違いはありません。人生が輝き、心は満たされ、毎日が楽しく過ごせ、家族にも優しくなれるという効力があります。

結婚しても、いくつになっても恋をする。その気持ちに罪はありませんよね。皆さんもロマンティックな大人の恋愛を楽しみましょう。

他のコラムを読む

Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

2023年 既婚者マッチングアプリおすすめ3選

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

オープンマリッジとは?新しい夫婦関係のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

卒婚とは?離婚とどこが違うのかメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31

既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)
既婚者専用マッチングアプリCuddle(カドル)とは
マッチングアプリ「Cuddle(カドル)」は、結婚後も異性の友達・セカンドパートナーを簡単に探せる既婚者専用サービスです。
AIが自動でオススメのお相手を提案してくれます。
いますぐ使ってみる
arrow-left
コラムに戻る