Cuddle(カドル)ロゴ
menu_icon
既婚者向け総合メディア Cuddle Place (カドル プレイス)とは

離婚しないための夫婦円満の秘訣

2022.12.18

結婚したら夫婦はできれば離婚せずに、夫婦円満に結婚生活を続けていくことが理想です。
離婚しない夫婦には、さまざまな特徴があります。どうすれば夫婦関係を円満に保つことができるのか知りたいと考えている人も多いはずです。
今回は、いつまでも仲良し夫婦でいるための夫婦円満の秘訣について紹介します。

既婚者専用マッチングアプリ
Cuddle(カドル)ロゴ
使ってみる

相手を尊重する気持ちがある

離婚しないで円満に暮らしている夫婦は、お互いに相手を尊重する気持ちを持っています。相手が不快になるような発言はしないし、もしも相手に悪いことをしてしまったら素直に謝ることができます。長く一緒に過ごしていると、つい遠慮がなくなってしまいますが、初心を忘れることなく過ごしていける夫婦は離婚せずに長続きします。

価値観が似ている

仲良く過ごしている夫婦は、価値観が似ているという特徴もあります。物事の感じ方が似ているため、どのようなときでも意見が合いやすいです。やはり同じ感性であればそれだけ気も合いやすくなります。どんなことも共感し合えるというのは、夫婦として重要な要素だといえるでしょう。

価値観にも色々ありますが、食事の仕方や、金銭感覚であったり、人付き合いなど、夫婦が育ってきた環境やこれまでの人間関係は、それぞれに違います。そのため、できるだけ価値観の似通った男女が結婚すれば、離婚の原因をあらかじめ回避することができます。価値観が違っていれば、時間をかけてゆっくり近づけるように歩み寄ることも大切です。

会話をする

夫婦仲を円満に保つには、きちんと会話することが大切です。ちょっとした出来事や報告など、何でもお互いに言い合いましょう。とくに大切なのは、相手の話にきちんと耳を傾けることです。自分の興味がないことは、聞かないという人もいますが、話をきちんと聞いてもらえるということは、相手にとってとても嬉しいことなのです。それを繰り返していくことで、お互いによい夫婦関係を築いていくことができるのです。

喧嘩の時は白黒つけない

夫婦として長く生活していれば、どんなに仲が良くても喧嘩をすることはあります。しかし、喧嘩する時に白黒つけるのは避けましょう。どちらが悪いか決めるのではなく、お互いに落ち度を認めあってこの先どうするのか話し合うことが重要です。そうすれば、喧嘩をしても状況をよい方向へ変えていくことができます。

過度な期待をしない

夫婦としてうまくやっていくには、相手に過度な期待をしないということも大切です。相手はこうしてくれるはずといった期待は、必ずしもそうなるとは限りません。相手の言動に根拠のない期待をして、後からガックリして落ち込んだりするのは無駄な感情です。相手に期待するよりも、自分が相手に何をしてあげられるかということに意識を持っていくことができると良い夫婦関係を築けます。

夫婦が素直に感謝できる

離婚しない夫婦は、お互いが素直に感謝できるという特徴があります。
結婚生活が長い夫婦になると、夫が働くのは当たり前、妻が食事を用意するのは当たり前という、夫婦にとって当たり前の事がどんどん増えてきます。当たり前の事が増えると、相手に対して感謝の気持ちを伝えることを忘れてしまいます。

離婚しない夫婦はいつになっても、当たり前の事をしていたとしても、感謝の気持ちを忘れず、言葉にしてきちんと相手に伝えています。ありがとうの言葉は、何度言っても言い過ぎることはなく、相手も嫌がることはありません。

終わりに

夫婦が円満になるためには、信頼関係を築くことが大切です。信頼関係があれば、お互いを思いやることもできるようになります。そうなれば自然とコミュニケーションにも繋がるため、どんどん夫婦の仲は良くなっていくでしょう。誰もが、夫婦円満に結婚生活を送りたいと願っているはずです。日常に少しの努力を加えてみて、夫婦円満を目指しましょう。

他のコラムを読む

Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

姑ストレス8つの解消法

2023.01.20
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

夫にとっていい妻とは

2023.01.19
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

増えている仮面夫婦

2023.01.18

既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)
既婚者専用マッチングアプリCuddle(カドル)とは
マッチングアプリ「Cuddle(カドル)」は、結婚後も異性の友達・セカンドパートナーを簡単に探せる既婚者専用サービスです。
AIが自動でオススメのお相手を提案してくれます。
いますぐ使ってみる
arrow-left
コラムに戻る