Cuddle(カドル)ロゴ
menu_icon
既婚者向け総合メディア Cuddle Place (カドル プレイス)とは

海外のオープンマリッジ体験談①

2022.07.17

今回は海外のオープンマレッジの夫婦の体験談をご紹介します。
My First Year Of Open Marriage
(https://www.elle.com/uk/life-and-culture/culture/a30638325/open-marriage-experience/)

既婚者専用マッチングアプリ
Cuddle(カドル)ロゴ
使ってみる

1回目は、自分がそれをやり遂げられるかどうかを確認するため

2回目は、1回目が偶然の産物でなかったことを確認するためでした。でも、3回目に夫以外の男性とセックスしたときは、まったく新しい世界の扉を開けたような気がしました。

ジョンと私は、20年間幸せな結婚生活を送っていましたが、一夫一婦制に初めて踏み切りました。幸せな結婚というのは、単にあからさまな争いがないことを意味することもあります。しかし、私たちは、仲間として、恋人として、本当に幸せだった。私たちの決断のきっかけは、私の断酒という変わったものでした。

私は3年前に禁酒し、10年間のアルコール依存症で弱まっていた色や感覚に目覚めました。禁酒してからは、落ち込んでいない神経系で行うセックスのほうがどれだけ楽しいかを発見し、嬉しくなりました。酒を飲んでいた頃は、ほろ酔い気分でキスをしたことはあったが、それ以上はなかったのです。すでに混沌としていた人生に不倫を加えるわけにはいかないと思っていたから。そして今、頭も目も冴えてきた私は、夫以外の人と目を覚ました状態でセックスするのはどんな感じなのだろうと思い始めたのです。

最初はその衝動が恥ずかしかったのです。もちろん、他の男性に惹かれることはありましたが、これは単なる魅力以上のものだと感じていました。動物園でライオンに見とれるのが魅力だとしたら、私が欲しかったのは、夫なしでサファリに行くことだったのです。数ヶ月間、私はアルコールから得られなくなったドーパミンを補うためか、まったく新しい方法で自分の人生を台無しにしようとしているだけだと自分に言い聞かせました。幸いなことに、多くのものを見逃してきた自分の中の依存症患者を思いやることを学んだので、他の男性と性的な冒険をしたいと思う自分をそれほど厳しく批判することはなくなりました。

その頃、同僚との親しい友人関係が恋愛に傾き始め、相手の男性に惹かれる自分が、代用品ではなく、自分の人生に歓迎される存在に感じられることに気づきました。そこで私は、浮気というアイデアを思いついたのです。中毒者は嘘の達人であり、酒を止めたからといって、そのスキルが失われたわけではありません。
しかし、断酒は私に正直さを大切にし、優先させることも教えてくれました。

わざわざ正直になることで、人生はよりシンプルで実りあるものになることを知ったのです。特に、私の結婚は、ジョンが聞きたいと思うことではなく、私の実際の考えや感情をジョンと共有するという私の新しい傾向から恩恵を受けていました。だから、ある明るい日の午後、私は深呼吸をして、急成長している友情と私の頭の中で再生されている概念について彼に言いました。

変に聞こえるかもしれないけど、一度に複数の人に感情を抱く能力があると思うようになったし、たぶんそれは何も悪いことじゃないと思います。私は生活の他の領域で私のニーズをすべて満たすためにあなたに依存していません。私は話しながら手が震え、文化的規範はもちろん、私たちの結婚の基盤の1つに疑問を投げかけていることを痛感しました。

真剣に話し合ったのは、何十年ぶりだろう

一夫一婦制について真剣に話したことはありませんでした。ジョンは物思いにふけっていましたが、ショックは受けておらず、私がおかしいとは思っていないことがわかりました。
「そんなバラエティや新しさは出せないよ。でも、だからといって、なしにしたほうがいいのか?」ジョンは私が知っている中で最もオープンマインドな男だが、これを聞いて私はまだ驚いていました。理解や共感ではなく、怒りに満ちた反応をするものと思っていたから。

私たちが住んでいるシアトルは、恋愛の自由度が高い街です。私たちは、時々スイングしたり、"throuple "としてフルタイムで生活したりと、ある程度自由に性的またはロマンチックな関係を持っている幸せな長期的カップルを知っていました。

ジョンと私が惹かれたのは、それほど堅苦しいものではありませんでした。ライフスタイルを求めるわけではなく、たまに外で浮気をすることがあっても、それが破滅につながるわけではない、という理解でした。例えば、郊外での交際に限る、同じ相手と2回以上会わないなど、カップルによってさまざまなルールがあります。

私たちは、まずシンプルに、ひとつの原則を守ることにしました。「聞かない」「言わない」だけでなく、「嘘もつかない」。私たちは、お互いにプライバシーを認め合うことにしました。でも、もしジョンが、私に誰か他の人がいるのか(あるいはその逆)、と率直に聞いてきたら、私は本当のことを言うことにしています。

私たちはシンプルにすることにしました。尋ねない。教えないこと。嘘をつかないこと

浮気を許可されたからといって、誰とでもベッドに飛び込むようになったわけではなく、むしろ、その特権が私の基準を引き上げてくれたのです。魅力的な同僚やカフェにいる見知らぬ人をさりげなく観察しては、「この人はダメだ」と思い、その日一日を過ごしていたのです。

そんな時、何年も前から社交界で知っているかわいい作家が、詩のシリーズを共同制作しないかと持ちかけてきました。私たちのプロジェクトも、直接会ってのミーティングも、だんだん浮ついた雰囲気になり、アイデアが湧いてくるのにそう時間はかからなかった。彼は以前から自分の結婚をオープンだと言っていたので、おまけに彼からコツを学べると思ったのです。

こんなことしていいのかという疑問を解決した後、私は次に考えたことに答えました。私たちの関係は、温かく愛情深いものでしたが、特にロマンチックなものではありませんでした。セックスは楽しかったが、家でするような冒険的なものではなく、夫がベッドで素晴らしいことをあらためて認識しました。私は新しい人を発見し新しい目で自分を見るのが好きでした。そして、一人の男性と20年過ごした後、私の身体が他の男性の身体で作る微妙に異なる形は、斬新で魅力的でした。家にいる恋人のことで頭がいっぱいになることもなく、奪われた時間に対して罪悪感を感じることもほとんどありませんでした

ホテルでシャワーを浴びて、夕方6時ごろに帰宅し、普段通りに過ごすだけです。時には、午後を会議室ではなく、ベッドで過ごしたことを忘れてしまうほどでした。私が望んでいたように、この関係は、新しい生活への入り口ではなく、今までの生活を強化するものでした。それでも、私はこの関係を大切に思っていたし、何年も前からこの恋人を知っていたので、彼を信頼していた。ところが半年後、彼の妻から、彼が他の人と会う自由があると嘘をついていたことを知らされ、私は愕然としました。彼女はジョンに話すと脅し、「聞いてはいけない」「言ってはいけない」の約束にもかかわらず、私に先手を打たせてきたのです。私は、仮定の話が現実となった今、彼がどのような反応を示すのか、全く想像がつかないまま、告白しました。しかし、彼は冷静で、驚きもしませんでした。

「セックスは楽しかったが、家でするよりも冒険的ではなかった」

「セクシーな詩を共同執筆していた二人の作家がベッドで終わったということか」と彼はしどろもどろになりました。「まあ、初めてのことだね」。ジョンは私たちの結婚生活からエネルギーが漏れていることに気づいていなかったし、私が他の男と過ごした時間に嫉妬していたわけでもなく、ただ私が騙されていたことに激怒していました。

ジョンの嫉妬心のなさに怒るべきだと思う自分もいたが、本当はほっとしていたのです。ルールに同意して、あなたはそれに従ったと彼は言いました。不倫相手の妻は、私へのメッセージの中で、何度も彼を「私の男」と呼び、裏切りや痛みからくる反応だとはわかっていても、一人の人間の所有権を争っているようなニュアンスに、私はまだ違和感を覚えていました。それに比べ、ジョンの言葉や態度からは、彼がまだ私たちの絆を確信していること、そして私を自分の延長線上ではなく、自由な人間として見ていることが伝わってきたのです。

それでも、この事件とその余波は私たちを震撼させた。その後数週間、私たちは自分たちが誠実であったとしても、他人のドラマに巻き込まれる可能性があるという新たな知識を得て、自分たちの取り決めを再検討しました。そして、このような騒動が起こったので、私はジョンがこの実験をやめるよう要求するのではないかと思い、結婚を第一に考えるという理由から、それに同意する用意がありました。しかし、驚いたことに、彼はそれを維持することを主張しました。彼はサイドアクションが起こっていたためではありません。

彼は、他の誰とも寝たことがないし、特に寝たいとも思わないが、選択肢があることは好きだと言いました。しかし彼は、テントで寝たり、氷の海でサーフィンをしたりと、私にはない独自の趣味を持っていた。彼は、私たち夫婦の寄り道は、ある時はきっちり重なり、ある時は個々に行動する、並行したパターンだと考えるようになりました。もし、重なる部分が少なくなってきたら、見直す必要があると彼は言いました。しかし、これまでのところ、透明性と内省が、より親密なパートナーシップを築いてきたに過ぎないのです。

それでも私は、大人で洗練されているはずの女性が、馬鹿にされ、危害を加える共犯者になってしまったと、数ヶ月間自分を責め続けました。長年のポリアモラスな友人から、女性の中には、念のために男性の主なパートナーと最初に話をするよう主張する人がいると聞いた。それは気まずそうですね」と私は言い、世界で最もぎこちないコーヒーデートを想像しました。この男があなたにしたことよりも、もっと気まずい?

最初の悲惨な恋愛から私が学んだ最大のこと

私はフランス映画の登場人物ではなく、一人の人間であるということです。私は、ホテルの部屋を華やかに出入りし、そこで出会った男性には基本的に何もされず、何も変わらないと思っていました。その妄想は消え去り、代わりに、セックスと愛を切り離す能力があっても、心を完全に家に置いておけるわけではないことを認識するようになりました。「次はもっと賢くなって、私にふさわしい恋人を選ぶわ。しかし、私はまだ傷つきやすく、それはそれで仕方がないのかもしれない。」と。

ジョンと私が結婚して以来、長い時間が経ちました。その爆発的な結末から、私は何年も前から、最初の交際は最後の交際になると誓っていましたが、これはジョンを笑わせました。彼は、いつか本当の誰かが私の人生に現れ、私はそれを思い出すだろうと言いました。とんでもない、と私は本気で答えました。そして、私が自分でもその可能性を見いだせないでいるときに、その可能性を開いてくれるジョンの素晴らしさを知ったのです。

彼は私よりも一夫一婦制で、私が余裕を求めるのを密かに嫌がっているのではないかと心配したこともありました。でも、次第に、ジョンが「これほど安心できることはない」と言うのは、本心からそう思っているのだと思えるようになりました。私たちは何でも話し合えるし、夫婦であると同時にお互いの個性を尊重し合うことで、まったく新しい次元でお互いを信頼し合えるようになりました。

外野が信じたいわけでもない。オープンマリッジの概念に温和な反応を示す人はほとんどいません。私たちの最も親しい共通の友人たちは、私たちの結婚が長年にわたって進化し、キャリアや、最近では私の依存症や回復に伴う課題に対応してきたのを見てきたため、平静な反応を示しました。何人かの女友達は、同じような取り決めをしたいが、夫が賛成しないだろうと言いました。それに対して私は、私が尋ねるまで、私の夫も賛成するとは思わなかったと答えました。しかし、 ジョンと私は私たちの状態を宣伝しなかったが、一部の女性は、利己的、強欲、さらには強制的な誘惑として私を記述していたことを聞いたのです。

自分自身の地道な生活を知っているだけに、このような大げさな言葉をかけられることに最初は戸惑いを覚えました。しかし、良い妻(一夫一婦制、無欲)悪い妻(不誠実、乱暴)というのは、文化的に認知されています。私のような妻を指す言葉はなく、目に見えるロールモデルもないため、一夫一婦制の完璧でない妻を「悪い」カテゴリーに分類し、複数の男性と寝ることはすべての男性と寝ることであるかのように考える傾向があることに気づきました。同様に、ジョンは、良識ある男友達が、彼が何を言っても、幸せになれると信じようとしないことに苛立っていました。

禁酒をしたとき、私は自分のことだけを考えていたのに、知人はそれを自分の飲酒を批判していると受け止めることがありました。ヴィーガンの人たちは、何も言わなくても私を守ってくれているように感じることがあります。私たちは皆、個人の選択を、自分の人生に対する勝手な処方箋と勘違いしがちなのかもしれません。しかし、ジョンと私は、自分たちのためだけに選択したのです。そして、その最初の1年が終わる頃には、他の人が何を言おうとも、私たちには関係なくなっていた。私たちは、かつてないほど結婚を意識するようになったのです。

他のコラムを読む

Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

2023年 既婚者マッチングアプリおすすめ3選

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

既婚者合コンってなに?既婚者同士のサークル・パーティーを徹底解説!

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

オープンマリッジとは?新しい夫婦関係のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31

既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)
既婚者専用マッチングアプリCuddle(カドル)とは
マッチングアプリ「Cuddle(カドル)」は、結婚後も異性の友達・セカンドパートナーを簡単に探せる既婚者専用サービスです。
AIが自動でオススメのお相手を提案してくれます。
いますぐ使ってみる
arrow-left
コラムに戻る