Cuddle(カドル)ロゴ
menu_icon
既婚者向け総合メディア Cuddle Place (カドル プレイス)とは

海外のオープンマリッジインタビュー

2022.07.20

オープンマリッジをしている夫婦の実話をインタビュー形式でご紹介します。
True Story: I’m in an open marriage
(https://www.yesandyes.org/2017/03/interview-open-marriage.html)

既婚者専用マッチングアプリ
Cuddle(カドル)ロゴ
使ってみる

もしあなたの配偶者が、あなたと結婚していながら、他の人と付き合いたい・・・と言ったら、どう思いますか?今日、クリスティンはオープンマリッジから見出した利点について話してくれています。

あなたのことを教えてください。

私は26歳の作家で、東海岸の小さい芸術的な都市に住んでいます。高校時代の恋人と結婚し、10年間一緒に過ごしています。

知らない人のために、オープンマリッジとはどういう意味か?

これは、人によって異なる意味を持つ言葉のひとつです。私たちの場合は、交際相手以外の人と自由にデートできることを意味します。私たちは、結婚生活に永続的な付加価値を求めているわけではないので、外部の人たちとはカジュアルな関係を保つようにしています。

でも進化するから、今後違う形になるかどうかはわからないけどね。

ポリアモリーとは違うのでしょうか?

私たちにとってはそうです。ほとんどのオープンマリッジの関係では、2人以上が対等なパートナーとして長期的に一緒にいます。私たちの場合、結婚が第一で、脇で会う人はもっとカジュアルな感じです。出会った人には、長期的な関係を求めているわけではないことを、率直に、透明性を持って伝えるようにしています。

幼少期、コミットメントや非一夫一婦制についてどのように考えていましたか?

オープン・リレーションという言葉をどこで初めて聞いたかはよくわからないが、物心ついたときから魅力的な響きを持っていた。かなり保守的な家庭で育ったので、自分がそうなるまで、非伝統的な関係に出会ったことがなかったのです。あまり一般的ではなく、破壊的であるということが、私にとっての魅力の一部だったのだと思います。

大学時代に読んだ『ドラゴンタトゥーの女』では、登場人物のひとりが結婚しているのに、ときどき別の男と夜を過ごしており、彼女の夫はそれを承知で平気でいるんです。そして、そのことを夫が知っていて、喜んでいる。

多くの人が、自分にはそういう自由が欲しいけれど、パートナーには同じ選択肢を与えたくないから、試さないのだと言います。

ご夫婦の関係をオープンにしようと思われたきっかけは何ですか?

自分で言うのも変ですが、私たちの関係ではそれが自然なことだと感じていました。長く一緒にいるから、お互いへの信頼感もすごく高いのです。初めて話題になったのは、大学時代の夜、合コンで酔っ払って男とイチャイチャしたときだったと記憶しています。

翌朝、夫(当時は彼氏)に話したら、怒られるんじゃないかとすごく不安だったんだけど、彼は全然冷静で、結局笑い話になりました。
その後、私たちは浮気について話し合い、浮気相手が白状する限りは破談にならないことに二人で合意しました。大学時代にも何度か、どちらかが他の人とキスをしたり、二人で「真実か挑戦か」みたいな悪ふざけをしたことがあったんだけど。私たちはいつもそのことについて話し合い、正直なところ、そのことに納得していました。

大学卒業後、婚約した時点で、もう誰とも恋愛関係になることはないだろうと悟りました。20代の頃のような気軽なデートの経験を逃してしまったことに、ちょっとがっかりしていたんです。

長い間話し合った結果、私たちは非一夫一婦制を試してみることにしました。それが2年半前のことで、今も非一夫一婦制でありながら、相変わらず幸せです。

デートするときの「基本ルール」はありますか?

最初はたくさんのルールがありましたが、オープンにすることに慣れるにつれて変わってきました。他の人と付き合ったり、会ったりしたときはすぐに報告すること、相手の質問には必ず答えること、などです。

私たちは相手の彼氏・彼女と会うことを好みますし、実際にデートで知り合った人たちとは友達のままでいます。
私たちは基本的に、相手が外出しているときしか他の人に会いません。そして、会う外部の人に公平を期すため、相手が現在他の人と出かけている場合は、メールや電話であまり迷惑をかけないようにしています。

私たちのルールは、常に正直であること、そして常に話をすることをいとわないことです。それ以外のことは交渉次第です。

結婚しているときに初めて付き合った男性について教えてください。

ああ、私はとても気まずかった。16歳の時以来、初めてのデートで、自分が何をしているのか全く分かりませんでした。Tinderで出会った彼はすごくいい人だったんだけど、オープンな関係のためのエチケット本なんてないのです。

私は夫がパニックになって心変わりしないか不安だったし、夫もどうなるか不安でした。夫からの電話で、相手とのセックスの最中に携帯電話に出たこともありました。その他にも、信じられないようなヒヤヒヤする瞬間が山ほどありました。
何が効果的かわかってからは、気まずい思いをすることも少なくなりました。

でも、それにもかかわらず、その最初の男性との出会いは刺激的で、夫との関係にすっかり拍車がかかりました。なぜなら、彼を確実なものではなく、いつも一緒にいたいという熱い男として見るようになったからです。

意味があるかどうかわかりませんが、10年も同じ人と一緒にいれば、大切な人が当たり前になってしまう気持ちもわかるでしょうし、他の人と一緒にいることで、すでに持っているものに感謝することができました

皆さんは、お付き合いしている方とどのように出会っているのでしょうか?また、結婚していることはどのように持ち出すのでしょうか?

私は新しい人と直接会うタイプではないので(プラトニックな友人の多くもオンラインで知り合いました)、これまで付き合った人はすべてオンラインで知り合いました。また、私たちの状況や私が結婚しているという事実を前面に出すことができます。

私はかなり小さな都市に住んでいて、2人目の男性とはオンラインで知り合いましたが、実はその男性は1人目の男性と同僚であることが判明しました。

私の夫はもっと外向的で、ほとんどの場合、女性と直接会っています。夫は共通の友人を通じて知り合うことが多く、私たちの友人グループでは公然の了解事項となっているため、大抵の場合はすぐにバレます。

嫉妬を感じることはありますか?あなたのご主人は?

私たちは基本的に一緒に育ってきたので、私たちの関係は非常に信頼できるものです。夫が他の女性と一緒にいるのを見ると、妙にホットしますし、彼がデートから帰ってくると、いつも100万回くらい質問しています。

夫は細かいことには興味がないようですが、私が他の人と会うのは全然平気なんです。
私たち2人、そしてお付き合いしている方も含めて、みんなが快適に過ごせるように、こまめにチェックはしています。

あなたやあなたの夫が、デートした相手に真剣な気持ちを抱いたことはありますか?もし、どちらかがそうなったらどうしますか?

そうでもないんです。私たちは境界線を明確に定義して外部との関係に臨んでいるので、物事は利益ある友人の領域にとどまっているのだと思います。
もし実現したら、もっと議論を重ねて、自分たちがどうしたいのかを考えなければなりません。

お付き合いする人には公平に、優しく、相手の気持ちも考えるようにしています。中には、相手を利用したり、相手の気持ちを考えなかったりするカップルもいるので、そこは本当に気を遣っています。もちろん、自分たちだけでなく、他の人の気持ちも大切です。

あなたのボーイフレンドは、あなたの夫にはないどんなニーズを満たしているのでしょうか?

私の場合はほとんど目新しさと、結婚以外のセックスのタブー(たとえ完全に許されていても)です。浮気を熱くするのも同じようなものでしょうね。夫以外の人と手をつないで近所を歩くだけで、知ってる人に見られてるような、妙にドキドキするんです。

誰かと一緒に寝ると、セックスに対する考え方が変わります。長く付き合っているとセックスは日常的になってしまうものですが、たまに彼氏の家で一夜を過ごすと、日常が一変するんです。私たち夫婦のセックスライフは、100万通りの方法で完全に改善されました。

オープンリレーションシップの人々に対する最大の誤解は何ですか?

友達にカミングアウトしたとき、何人かは私たちが別れると思っていたようです。だから、私たちの関係の穴を埋めようとしてると思われるのはよくあることだと思います。でも、それはないものを補うのではなく、素晴らしい関係の上にある楽しいボーナスなんです。

また、オープンな関係だと言う男を怪しむ女性も多いので(浮気しているだけと思われる)、ちょっと最悪です。

あなたの周りの人たちは、あなたのオープンマリッジについて知っていますか?

最初は誰にも言わなかったのですが、徐々に友人たちにカミングアウトしています。会話はたいてい、"ちょっと変なニュースがあるんだけど... "というところから始まります。ほとんどの友だちは超リベラルで、もっと聞きたいと言ってくれました。何人かは「なんで?」って感じだったけど、僕らが別れたわけでもなく、自分たちに影響がないことがわかると、大したことじゃなくなりました。

私の両親は保守的なので、たぶん両親には言わないと思いますが、私たち兄弟は知っています。妹はかなり信心深いので、伝えるのがとても不安だったのですが、本当に仲が良いので、隠しておくのは申し訳ないと思っていました。姉は "あ、私Tumblrやってるからこういうの知ってる "みたいな感じで。

このことから、私たちの誰もが日常生活に応用できるようなことを学んだのでしょうか?

コミュニケーションはとても大切で、自分の気持ちをストレートに伝えることは難しいですが、その価値はあります。

クリスティン、あなたの話を聞かせてくれて本当にありがとう。皆さんは、彼女に何か質問がありますか?

余談ですが、オープンマリッジは万人向けではないので、クリスティン夫妻の選択を不快に思う人もいるかもしれません。尊敬に値する意見の相違はいつでも歓迎します。

他のコラムを読む

Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

2023年 既婚者マッチングアプリおすすめ3選

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

既婚者合コンってなに?既婚者同士のサークル・パーティーを徹底解説!

2022.05.31
Cuddle Place(カドル プレイス)のコラム

オープンマリッジとは?新しい夫婦関係のメリット・デメリットを徹底解説!

2022.05.31

既婚者専用マッチングアプリ

Cuddle(カドル)
既婚者専用マッチングアプリCuddle(カドル)とは
マッチングアプリ「Cuddle(カドル)」は、結婚後も異性の友達・セカンドパートナーを簡単に探せる既婚者専用サービスです。
AIが自動でオススメのお相手を提案してくれます。
いますぐ使ってみる
arrow-left
コラムに戻る